東京ダンススクールは個人レッスンでストリートダンスを習えます。

Sunao

Sunao

Sunao

詳しいダンスのジャンル

ラテン系ストリートダンス
サルサ/salsa(NY on2,on1,Latin club style,Cuban)、
チャチャ/cha-cha、
ボンバ/bomba、
プレーナ/plena、
マンボ/mambo、
メレンゲ/merengue、
バチャータ/bachata、
カーニバルサンバ/carnival samba、
サンバ・ヂ・ガフィエイラ/samba de gafieira、
ズーク・ランバーダ/zouk-lambada、
ラテン・エクササイズ/latin exacize等。

所属(チーム)

Tropicaholic Afro-Caribbean Music & Dance Institute主宰

可能なレッスン場所

ダンススタジオ(紹介可能)
自宅
お客様宅
カラオケボックス
公園
その他施設

レッスン料について

●プライベートレッスン
5000円/50分
有料の施設を利用する場合は
その費用もお客様に負担していただきます。

●オープンクラス
1000円/45分~各種
格安お月謝制度などもあり。
詳細はHPまで。

交通費について

徒歩圏内の場合は頂きません。
電車で行く距離の場合は往復賃を毎回いただきます。

経歴

幼少時から家庭の方針により各種舞台・舞踊・演奏・演劇・音楽鑑賞、及びクラシックバレエ、ピアノ演奏、合唱、国際交流の場に数多く親しむ。

父の嗜好によりボレロなどのラテン音楽や、ジャズ、クラシック音楽には母のお腹の中から親しみ、93年の紅白歌合戦で音楽としてのSalsaに、95年に藤沢市の青少年国際交流事業を通して、ダンスとしてのSalsaに出会う。
その後しばらくは、主に神奈川及び東京でSalsaを中心とするラテンな音楽とダンスと食事などの中南米文化に親しむ。
同時期、藤沢市観光協会主催による『ミス湘南江の島海の女王』受賞。

2001年頃からやっとレッスンに通い始め、特定チームに所属し、On1 Salsa、Afro Cuban系ムーブメントやL.A.style系バリエーション&スタイリングを習得、パフォーマンスにも参加。
2003年末からは NY On2 Salsa/Chacha/Zouk-Love(LAMBADA)/Samba de Gafieira/Carnival Samba/Axe/Forroなど、様々なラテンダンスやその共通基礎、特にペアワークの心や教授法を習得、各種パフォーマンスにも参加。
海外コングレスの舞台などにも参加、BRASILではSAMBA(主にCARLINHOS DE JESUS氏),ZOUK(主にGILSON & ROMININHA,BRAZ & PATRICIA,SOLANGE,BEBEUなど)を学び、NYではOn2 Salsa/Chacha(主にEddie Torres氏)/Jazz (Luiji氏)/TAP/Theaterなど、様々なプライベートレッスンやオープンクラスで学ぶ。

07年から世界的パーカッショニストCharlie "Pique"氏の日本での活動サポートを開始、08年からは長年念願であったPuerto Ricoを毎年訪問、BombaやPlenaについて学ぶ。

05年から湘南・横浜方面にてボランティアとしてレギュラーレッスン担当開始、09年からTropicaholic Afro-Caribbean Music & Dance Instituteを立ち上げ、活動中。

パフォーマンスには02年から参加、各種イベント、JSC(JAPAN SALSA CONGRESS)2003,JSC2004,SALSA HOTLINE JAPAN, SALSA LIVRE EN VELFARRE,ZOUK-LAMBADA CONGRESS@PORTO SEGURO, BRASILIAN DANCE CONGRESS@RIO DE JANEIRO,第一回横浜サルサダンスコンテストへのゲスト出演など。

指導方針

ルーツとなる国の美しいリズム、スタイル、文化、意識を重視し、身体能力向上・改善、健康第一をモットーとする研究及び指導が好評!

ダンスとの出会い

幼少時にドレスに憧れクラシックバレエを3年間。
その他、家庭の方針により各種舞台・舞踊・演奏・演劇・音楽鑑賞、及びクラシックバレエ、ピアノ演奏、合唱、国際交流の場に数多く親しむ。

父の嗜好によりボレロなどのラテン音楽や、ジャズ、クラシック音楽には母のお腹の中から親しみ、93年の紅白歌合戦で音楽としてのSalsaに、95年に藤沢市の青少年国際交流事業を通して、ダンスとしてのSalsaに出会う。
その後しばらくは、主に神奈川及び東京でSalsaを中心とするラテンな音楽とダンスと食事などの中南米文化に親しむ。

以来、楽しくて彩り豊かすぎる音楽とダンスにすっかりハマってしまいました…

指導可能なスキル、テクニック

アイソレーション
各種ステップ100種類以上
ペアワーク
ムーブメント
スタイリング
音楽との関連性
ダンス・スピリット

例えば

サルサNY on2のベーシックは軽く親指の付け根に重心を置き膝をゆるめ、コンガやクラーべ、ベースの音を感じながら

1.1拍目で右足半歩前
2.2拍目で左足1歩前に堪える
3.3拍目で右足元の位置
4.4拍目で左足がゆっくりと戻り始め
5.5拍目で左足半歩前
6.6拍目で右足1歩後に堪える
7.7拍目で左足元の位置
8.8拍目で右足がゆっくりと戻り始め
→1からエンドレスとなります。

Point
「堪える」で上半身が軸となる1と5の上に乗っていること、
爪先・足首・膝・股関節・脇腹などの自然なストレッチによるバランスキープなムーブメントが大事!

他にも「躍る踊り」の為のポイントなどいろいろありますが、詳しくはレッスンにて!

ダンスで苦労したこと

5年間はほぼ毎日通常業務終了後にレッスンに通い、朝7時起きで8時-17時仕事、19時-23時レッスン&フリータイムダンス、週末も14-23時レッスン&フリータイムダンスに加え24-5時まで六本木で踊っているような生活をしていて、楽しかったけど寝不足で太りました…(自覚して、そして教えるようになって、今はすっきり減りました)

苦労するのは自分がどう動いているか、組んで踊る相手にどんな印象を与えているか、という自覚。
教える時に役立ってます。

ダンスをやっていて良かったこと

自分の体を自分である程度メンテナンスできるようになったこと。

そして普通に生活しているだけだったら絶対に知り合えないような、様々な年齢・国籍・職業・価値観・見識の人々と知り合い、世界が広がったこと。

ダンスを通して伝えたいこと

ダンスを通して、自分の在り方や人間関係について学び応用することができます。
音楽とダンスで癒される、元気になる、だけでなく、コミュニケーションをとって、マナーを身につけ、感性のキャッチボールができる。
また、ラテンなストリート系ペアダンスは5分間の擬似恋愛とも言われています。
そんな素晴らしい体験を、あなたにもぜひ!

趣味

多国籍料理研究、読書、最近は裁縫(踊り映えする服作り)、過去には音楽ビデオクリップ鑑賞、 ラテンなライブ鑑賞(勿論踊らな損損!)、歌うこと(カトリック協会所属の聖歌隊もどきの団長経歴有)、イラスト(模写得意☆)などなど。

生徒へメッセージ

人生の全てが詰まっているラテンなダンスの世界…

生活の中で親しまれているダンスは、とても身近で自然にできるものでもあり、難しく踊ることも可能です。

ダンス上達には、慣れが大きな要素のひとつです。
動きは、習慣づけていくものです。

「サルサで人生変わった」と言う方はとても多いです。

ダンス未経験の方でもどうぞお気軽にチャレンジしてみてくださいね!

他文化である音楽やリズムやダンスを体得することは奥が深く、一生かけても足りないかもしれません?!(・∀・)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional